ご予約はこちら

ブログ

ブログ

2020/12/13

前回の続きを

湘南、茅ヶ崎のシャインオブスペースです。

東京のコロナウィルス感染者数とかなんか毎日ニュースで増えてく一方のような・・・

不安に思ってもしかたないですよね。出来るのは、マスクと手洗い、うがい、予防・・・それでは続きを。

 

国民性あるある噺が示す「日本人の特徴」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、日本人にありがちな傾向として指摘されるのが「焦りやすさ」と「あきらめやすさ」。

「沈没船ジョーク」として世界でウケている、国民性あるあるばなしがあります。

豪華客船が浸水して救命ボートが足りず、船長であるあなたは乗客を海に飛び込ませたい。乗客にはいろいろな国の出身者がいる。さあどうするか……。

アメリカ人の背中を押すには「飛び込めばヒーローになれますよ」、

ロシア人に対しては「ウォッカのボトルが海に浮かんでいます」、イタリア人には「美女が泳いでいますよ」、

イギリス人には「紳士はこういうとき、海に飛び込むものです」。

そして日本人に対しては、「みなさんもう飛び込みましたよ」……

主体性がなく、生きるか死ぬかのときにも「みんなについていけてない」ことに大あわて。日本人の国民性をよくとらえています。

ーーーーーーー「焦り」が悪い結果をもたらすーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なんでも人任せでは「自分が本当にやりたいこと、いまやらなければならないこと、最終的な目標」はつかめないので、

いつも焦って右往左往することになります。

常に目の前しか見えないから「後がない」「これしかない」と焦り、手に入れる前は「このチャンスを逃したら終わり」、

手に入れば「これを失ったら終わり」となりがちです。

目標も「何月何日までに○○達成」

「何歳までに結婚」などと、場当たり的に期限を切って焦りやすい。現実はそう思惑通りにはいかないから、

期限が近づくにつれて、自己嫌悪でイライラすることになります。

あきらめも早すぎて、たとえば1回失恋しただけで「あんなすてきな人には、もう2度と出会えない」、

事業に失敗すると「人生まっ暗。今さらやり直せない」……。

あなたも、無駄に焦っていませんか?

でも・・私も最初の恋愛で、彼が冷たくなった、浮気かな??? 別れた方がいいのかなー・・という体験があります。

今考えると、恋愛体験が全くなくて、はじめての恋愛でした。この人しかいないなどと、なんで思ったんでしようねぇ(笑い)

「焦りを書き出す」というテクニック

焦りを感じたら、自分を上から見下ろすようにして「わたしはこういう原因で焦りを感じて、いまこういう状態にある」と、

焦りのリアルを客観的に紙に書き出します。\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

「なんだ、たいした問題じゃなかった」「こうすればいい」と、

なんらかの前向きな対処法が浮かんでくるはずです。これを習慣にすると、焦りに強くなります。

そして「長期的な目線に切り替えよう」と、強く意識してみてください。

自分にとっていちばん大切なもの、得意なこと、熱中できることを考えて、仕事でも趣味でもいいので、

「これは人生最後の日まで続けよう」と思えるライフワークを見つけます。毎日、数分でもいいからたゆまず続けると、とても心が安定します。

すると小さなことに動じなくなり、「長い人生の明暗が、1回や1日のできごとで決まってしまうことはそうないよ」と、ゆったり構えられるようになります。

「焦らないメンタル」が幸運を呼ぶ

公私ともに「今回契約がムリでも、○日の商談で勝ち取ろう」

「今日ふられても、自分を磨いて半年後に再トライ」……と、七転び八起きの粘りが出てきます。

また、焦らないメンタルを手に入れることで、次のようなことが起こり始めます。

・まわりに流されず、冷静に自分の行動を起こせるようになる
・本当に自分がやりたいこと、大切なもの、人生のテーマを見つけられる
・今まであきらめていたことに再トライする意欲がわく
・信頼でつながる友人、知人の輪が広がる
・失敗が減り、人生にポジティブになって、幸運を引き寄せる

以上・・・実は、このヒントのコトバは、和田秀樹先生の、「感情の整理学」という本から引用させていただきました。

 

下の画像は、笑える画像からなんですが・・・パッと見てくださいね。深く考えこんだら、逆になってしまうかも・・

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。