ご予約はこちら

雑談

雑談

2020/12/22

折々のことばから、看護師さんによせて

20年近く前だろうか、突然脳髄膜炎の疑いで入院になった事があった。

湘南茅ヶ崎のシャインオブスペース、霰ヤマナカです。

今日、朝日新聞の「折々のことば」の中で、日本看護管理学会の声明のコトバがあった。

「私たちは自分の仕事を全うするだけですので、感謝の言葉は要りません、ただ看護に専念させて欲しいのです」・・・

と。看護にあたり、緊張と買う以上に時に、家族にすら、実態を隠せざるをえないという・・・

社会の「偏見」にも追い詰められていると・・・

コロナ渦の中で使命感だけでやり続けられる仕事だろうか・・

私もかつて、入院時にお世話いただいた、当時は、突然意識がなくなっての入院で

絶対安静、ポータブルトイレが横にあったりしたが、使用方法もわからず、

なかなか聞けなくて、ぎりぎりまでトイレ・・・ということも出来ない小心者でした。

隣のベッドの方がたまたま、脳梗塞からよくなっても、半身不随で、やはりポータブルトイレがあって、

出したら、すぐに看護師さんをよぶのよ・・・と教えられたりしました。

なかなか恥ずかしくて言えないのですが、それは、逆に大部屋では、迷惑かけるんだ・・って知りました。

・・・今ではそういうやり方もしないかもしれませんが・・トイレの汚物を捨てたりとか・・

そんなお願いも看護師さんにするんです・・・・ほんとにお世話になりました。感謝の言葉をかけることすら

出来なかった当時を思い出します。早く病気が治って、退院したい・・と願うばかりでしたね。

あのときは・・「ありがとう」感謝の言葉すらいらないほど、今のコロナ渦の現状は厳しいのだと思います。

・・画像は・・もうすぐクリスマス、癒せる画像を・

猫ちゃんも、サンタからのプレゼントをまってます・・・です。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。