続、精神科医が「職場の人間関係は悪くて当然」と断言するワケ

ご予約はこちら

続、精神科医が「職場の人間関係は悪くて当然」と断言するワケ

続、精神科医が「職場の人間関係は悪くて当然」と断言するワケ

2021/03/09

続、精神科医が「職場の人間関係は悪くて当然」と断言するワケ

では、続きを・・・

職場の人間関係は、もっと「ドライ」でいいのです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでしたね。

職場の人と「仲良くなろう」という意識を捨てましょう。「仲良くなる」や「好かれる・嫌われる」ではなく、

報告・連絡・相談など仕事に必要なコミュニケーションをすることのほうが、100倍、1000倍重要です

Amazon創業者のジェフ・ベゾス氏の「2枚のピザ理論」という考えがあります。

チームの仕事を効率的に行うのに適切な人数は、ピザ2枚でまかなえる人数。つまり、5~8人程度の人数。

10人を超えると、相互の意思疎通が希薄になり、仲間割れがおきる、派閥に分かれるなど、チームワークが破綻する可能性が高いのです。

例外はないのか?ーーーーーーーーって思いますよね。

 

8人以下の職場であれば、「全員と仲良し」ということは、十分にありえます。

私の経験でも、外来部門だけだと、医師、看護師、事務員で5、6人ほどのチームとなりますから、全員と意思疎通ができて

とても仕事がしやすいというところもありました。

中小企業や、小さな部署、自分が所属する5~8人以下のチームなど「小グループ」であれば、コミュニケーションがとりやすく、

関係性が密になりやすいのです。ですから、それ以上の人数がいる組織では、「全員と仲良くしよう」という発想に無理があります。

あなたのことを嫌う人もいるのは当然。あなたが、好きになれない人がいるのも、実に当然の話です。

「ストレスへの対処法」は不変のスキルだ!-------------------------------------------------------------

私の臨床経験では、「几帳面でまじめな人ほどうつになりやすい」傾向を感じます。

なぜなら、ストレスの原因を真正面から受け止め、不安になり、悩み続け、リセットできないからです。
悪いストレスをなくしていくことが、「ストレスフリーな人」になるためには重要です。

あなたの「考え方」「受け止め方」を少し変えるだけで、ストレスを受け流せるようになります。それだけで、「不安」や「悩み」の9割は消すことができます。

多くのビジネス書では、「ストレスから逃げろ」「ストレスなんか気にするな」という精神論が書かれていますが、そのようなアドバイスは非現実的です。
本書では、私の精神科医としての経験から、現実的であり、かつ、効果抜群のノウハウだけを紹介します

不安、悩み、ストレスにとらわれない生き方。それができると、あなたの人生は間違いなく楽しく、明るく、達成感と自己成長が感じられる、幸せなものになります。生き方を変えるのは「今」です!

どんな感じに解説されてるのかは・・ままた続へ。

まだ肌寒い日もあるけれど、めっきり春めいてきました。今日は、茅ヶ崎の海の画像を。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。